So-net無料ブログ作成

49日の法要 [家族]

blog00170.jpg

我家にお骨となって帰って来たお袋も本日ようやくお墓に入る日が来た。
本日は納骨の日、住職さんにお伺いしたら納骨と49日の法要を一緒にやりましょうと、言う事で49日には少し早いですが住職さんが良いというのでそうする事にした。
我家のお墓に入る第一号だ、誰も入って無いお墓なので寂しいかなお袋も。
住職さんが十三仏の真言を唱えてる時にお袋は不動明王を崇拝していたので迷わず大日如来様の元に行って成仏してもらいたいと思った。
お葬式、49日の法要が無事に終わり家族の緊張がとけたような気がした。

帰りに家族で蕎麦を食べに行った時に小さくなった親父の背中が寂しそうに見えた。
お袋がボケて誰の事も判らなくなっても一生懸命優しく話しかけてたのはやはり愛だったのだろう。
息子の前では寂しい姿や疲れた姿など見せない意地っ張りな親父でも、やはり愛する連れを無くして疲れと寂しさが出てた。
家に帰ってテレビを見ていたらニュースで新しいAIBOが出てた、今までこんな事は言わなかった親父が「かわいいな、あれ買うか。」と言った。
一瞬親父まで痴呆症が始まったのかと思ったが、やはり寂しいのだろう、私は何も聞かないフリをした。

blog00171.jpg
坪庭のボロボロの板の上にいつもの猫が来てたので煮干しを1,2匹与えて散歩に行く事にした。

最近は寒くなって続けて散歩をしてないので腰や膝が痛くなって来た。
世間では高速道路で車を止めて死亡事故、アパート内で9人殺害してバラバラにした、などと物騒な事件を起こすキチガイが出没しているのでバカは相手にしない様にしようなどと考えながら公園まで歩いて来た。

blog00172.jpg

公園の樹々は色づき始めた様だ。

blog00173.jpg

まだ少し早いが木によっては赤や黄色の枯れ葉になって落ち始めていた。

blog00174.jpg
blog00175.jpg

そうだ!今度休みの日に落ち込み気味の親父を連れて秩父の紅葉でも見に行くか、帰りに蕎麦でも食って、親孝行でも無いが少しは元気になるかもしれないな。

blog00176.jpg
日が暮れて来たから早歩きで帰らなければ、最近は真っ暗になるのが早いから。

本日の歩行距離 9.51km 歩数 11.682歩 時間 02:22 消費カロリー 546,94kcal
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喪中 [家族]

blog00153.jpg

9月20日お袋が死んだ、81歳でした。
しばらく前に肺炎で入院して病院で肺炎は良くなりましたと言われた翌日の朝に呼吸が止まりそうなので直ぐ来て下さいと、連絡が有り病院に向かう途中で息を引き取った。
痴呆症で自分で何も出来ない状態で固形物も食べられなくなっていたのでまるでミイラの様な死に顔だった。
10年以上も前に痴呆症になり5年前位から特養でお世話になっていたので父親は毎日顔を見に行っていたが私は何か月かに一度くらいしか面会に行く事は無かった。
死に顔を見てもそれほど悲しくなかった、特養で見るたびに痩せて行き自分の息子の顔もわからず話しかけても言い返す言葉も出て来ないお袋を見てる方が悲しかった。
お袋の人生はどんな人生だったのだろうか?
幸せな人生だったのだろうか?
息子がこんな息子だから幸せな人生とは言えなかっただろう、自分でもそう思う。
お袋は仏心が強く宗教の人だったので我が家は私がダメ人間で貧しいがお葬式はまともな葬儀を無理しても挙げた。
死に顔を見てもそれほど悲しく無かったがお袋の妹(私の叔母)が棺に花を入れてる時に「姉ちゃん綺麗にになったね」最後に顔を見た時に「姉ちゃん、お疲れ様、成仏してね。」と小声で行った時は私も涙が出そうになった。
お袋は5年以上前に特養に入ってようやく我家に遺骨になって帰って来れた。
親父が言うには肺炎の後に固形物は全然食べられないから病院に入院して植物人間のようになるかも知れなかったらしい、それはそれで金銭的に我が家にはピンチだった訳でお袋は迷惑かけまいとあの世に行ったのだろうと私に話した。
お袋が死んで親父まで元気が無くなるのは困るので私も丁度お彼岸だしやっとお迎えが来たんだよ、何も分からないまま10年以上も何が楽しくて何が嬉しいのか解らないまま生きたんだ、じいちゃんが迎えに来たんだろ。と親父に言い返した。
49日まで祭壇の遺骨にお袋の好きだった甘い物を供えてやろう、生きてる時は軽い糖尿があったので甘い物が好きだったのに満足に食べられなかったのだから。
こちらの事はなんの心配も無いから安心して成仏して頂きたい。
お袋よ、いつまでもこっちの世界フラフラしてたら追い返すからな(笑)。

お袋の話は終わりにして今日も散歩に出発。
昨日は超大型台風、仕事も少し早く終わりにして午前1時頃帰宅して強風と大雨も気にせず爆睡してしまったのでその後どれだけ強い台風になったのか解らなかった。
blog00154.jpg
家の近くのグランドが池になってる。(大雨が降ると貯水池になるらしい)
池になったグランドを見ながら歩いていたら反対側にはもうススキが生えてる(実ってる?咲いてる?よくわからん“照”)

blog00155.jpg
テニスコート横の道を歩いて駐車場を抜けて行こうと思ったら
blog00156.jpg
駐車場が池になってた、通れないので引き返す、まさか俺の大切な友人も!

blog00157.jpg
愛馬「黒王」が池になった公園で身動きが取れなくなってる!仲良く水色のクジラとともに・・
黒王ポニーは軽傷なので安心した先に進もう。

blog00158.jpg
うあ~こっちの公園も池と隣の二級河川からの汚い水で通行止めになってる!

blog00165.jpg
あっちこっちでこの看板が!

blog00166.jpg
この汚い二級河川の水が増えると氾濫しないように公園やグランドに流れて貯水池代わりになってるみたいだが、その貯水池が溢れてるから歩けない~!(昔からこの川の水臭いです)。

blog00159.jpg
この手入れして無い汚いガーデニングのトンネル通ってこの先の公園に行ってみたら

blog00147.jpg
平日は池が真ん中にある公園なんですが

blog00160.jpg
大雨が降ると貯水池になって

blog00161.jpg
巨大な池になってました、恐ろしく沢山降ったのですね雨、爆睡してて正解ですわ私。

blog00163.jpg
ドングリもこんなに散乱。

blog00164.jpg
デカいドングリも沢山落ちてました。

blog00168.jpg
亀の沢山いる公園の池も水が溢れて橋が水没。

帰りの土手の道は最近除草したので最近は
blog00150.jpg
こんな感じでしたが

blog00167.jpg
大雨で下の車道は通行止め、歩きで良かった。
兎に角私が寝ている間に恐ろしい位降ったのですね雨。
冠水地帯がだいぶ在りましたがオンボロの我家が倒壊しなくて本当に良かった(お袋が守ってくれたのかも、ありがとう)。

帰りに野良猫を覗いて見ると
blog00148.jpg
なんだかまた一段と増えてる、写ってるだけでも12匹、他にも5匹くらい居ました。
大丈夫なのかこんな増えてここ県の施設だし、そのうち保健所が駆除しに来るぞ。
餌をやりにくる年金受給者のアイツが悪いんだな、いい加減にしなさい老害(細目)。

家に付くと猫が遊びに来てましたのでお魚ソーセージをあげました。
blog00169.jpg
blog00152.jpg
この子とこの子は去勢されてるから食べ物あげても子供を増やさないからOKなのです(俺っていい人)。

本日の歩行歩数 13,908歩 距離 11,33km 時間 02:49 消費カロリー 651.10kcal
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無力 [家族]

雨が降ってくるとマジでアホな客ばかり乗って来る、相手にしてもこちらが損するだけなので出来るだけ相手にしないようにして仕事をしている、今日も初乗りのくせに時間外進入禁止の路地に入れと言われた、アホかとお前の住んでる所だろ車が入れるか否かそのくらい把握しとけボケと言いたかったが、取敢えず時間外ですので進入する事は出来ない、と伝えると、この道を出たり入ったりしてる車があるけどあれは何だとか言いやがって、知るかボケ!と言いたかったが、それを言っちゃおしまいですので、国際社会で現在自分のルールで生きてるのは中国人と北朝鮮人だけだから其方の国の方ではないですか?と、言っておきました。客もダメだコイツみたいな顔して言うの諦めて帰りましたけど、こちらの腹の中はムカムカです、初乗りのくせに20分も待ってタクシー乗ってんじゃねぇっての、歩いて帰れ糞デブ!若いくせにブクブク太りやがって糖尿で苦しんで逝って良しですわ。まぁそんなくだらない客を散々乗せて一日終わったのですが、明くる日の朝起きると父親がお袋が調子悪くて入院したと、言うのでまだ頭の中は寝ぼけているのに病院に父と向かう事になりました、私の母はもう10年位前から痴呆症(要介護5)で老人ホームでお世話になってます、もう、言葉も話せません、もちろん風呂もトイレも自分では無理で私と父ではとても面倒がみきれないので預かって頂いている訳です。たまに老人ホームに様子を見に行っても私が誰なのか本人は解らない様です(ほんの一秒くらいは解る時があるのかも知れませんが)。面会に行くのはとても辛いです、しゃべりたくても言葉も忘れたような姿、虚空を見つめる母親を見るのはとても辛い、病気をしていなくても何のために生きているのか解らない母親を見るのは辛いのに入院した母親を見に行くのはとても気が重いです。
病院で様態を聞くと肺炎の様で結核の疑いがあるので2~3日検査の必要があると言う事でした、結核の疑いがあるらしいのでマスクを着けて病室に入ると弱った母親がベットの上で横になっていました、起きるとやはり誰が来たのか解らない様子で父が母の手をなぜながら話しかけてやるとアー、アー、と解っているのか、何処か痛いのか、寂しくて帰りたいのか、アー、アーと言います、痩せ細ってミイラの様になってしまってやはり見るのが辛いです、帰り際に私もまた来るからねと、言ったのですがやはり視線は虚空を見つめていました、母も81歳ですからあと何年いや何日生きられるかわかりません、弱った母に何もしてやれない50過ぎの息子、情けない、私には何も出来ないけど面会だけはまた来よう、私が誰だか母には解らなくとも。
父と家に帰って少し気分が落ち込んでいたので散歩に行って気分を変えようかと思ったのですが疲れていたのか夜まで寝てしまったので今日は散歩をお休みしました、明日は午前中に散歩に行って野良猫と遊んで気分転換がしたい。
blog00127.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感