So-net無料ブログ作成
検索選択

無力 [家族]

雨が降ってくるとマジでアホな客ばかり乗って来る、相手にしてもこちらが損するだけなので出来るだけ相手にしないようにして仕事をしている、今日も初乗りのくせに時間外進入禁止の路地に入れと言われた、アホかとお前の住んでる所だろ車が入れるか否かそのくらい把握しとけボケと言いたかったが、取敢えず時間外ですので進入する事は出来ない、と伝えると、この道を出たり入ったりしてる車があるけどあれは何だとか言いやがって、知るかボケ!と言いたかったが、それを言っちゃおしまいですので、国際社会で現在自分のルールで生きてるのは中国人と北朝鮮人だけだから其方の国の方ではないですか?と、言っておきました。客もダメだコイツみたいな顔して言うの諦めて帰りましたけど、こちらの腹の中はムカムカです、初乗りのくせに20分も待ってタクシー乗ってんじゃねぇっての、歩いて帰れ糞デブ!若いくせにブクブク太りやがって糖尿で苦しんで逝って良しですわ。まぁそんなくだらない客を散々乗せて一日終わったのですが、明くる日の朝起きると父親がお袋が調子悪くて入院したと、言うのでまだ頭の中は寝ぼけているのに病院に父と向かう事になりました、私の母はもう10年位前から痴呆症(要介護5)で老人ホームでお世話になってます、もう、言葉も話せません、もちろん風呂トイレも自分では無理で私と父ではとても面倒がみきれないので預かって頂いている訳です。たまに老人ホームに様子を見に行っても私が誰なのか本人は解らない様です(ほんの一秒くらいは解る時があるのかも知れませんが)。面会に行くのはとても辛いです、しゃべりたくても言葉も忘れたような姿、虚空を見つめる母親を見るのはとても辛い、病気をしていなくても何のために生きているのか解らない母親を見るのは辛いのに入院した母親を見に行くのはとても気が重いです。
病院で様態を聞くと肺炎の様で結核の疑いがあるので2~3日検査の必要があると言う事でした、結核の疑いがあるらしいのでマスクを着けて病室に入ると弱った母親がベットの上で横になっていました、起きるとやはり誰が来たのか解らない様子で父が母の手をなぜながら話しかけてやるとアー、アー、と解っているのか、何処か痛いのか、寂しくて帰りたいのか、アー、アーと言います、痩せ細ってミイラの様になってしまってやはり見るのが辛いです、帰り際に私もまた来るからねと、言ったのですがやはり視線は虚空を見つめていました、母も81歳ですからあと何年いや何日生きられるかわかりません、弱った母に何もしてやれない50過ぎの息子、情けない、私には何も出来ないけど面会だけはまた来よう、私が誰だか母には解らなくとも。
父と家に帰って少し気分が落ち込んでいたので散歩に行って気分を変えようかと思ったのですが疲れていたのか夜まで寝てしまったので今日は散歩をお休みしました、明日は午前中に散歩に行って野良猫と遊んで気分転換がしたい。
blog00127.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感